FC2ブログ
栗駒ヒルクライム、お安い参加費、2000円。
記録証が発行され、お昼もあって、更に温泉
割引も付いている。距離は短いが、まだまだ
子供にお金が掛かる父親としては、このリー
ズナブルさに大満足である。

昨年参加したときは、スタート前の強風が気
になったが、雨の心配は無く、苦しく楽しい
ゴールができた、タイムは1:07。温泉も良か
った。

今年も、加齢劣化の確認?をすべく、申し込
み完了。ロード大会としてはこれが今シーズ
ン最初のイベントとなる。せめて昨年より1分
でも縮まる様、頑張りたいものである。


スポンサーサイト
2019.02.11 Mon l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
気仙沼つばきマラソンのエントリー開始が
2/4から。2/4にランネットで申し込んで、次
の日にコンビニで支払いを済ませてエントリ
ー完了。

新聞の記事によると、2/5でハーフは募集定
員に達したそうで、エライ人気である。結構
ギリギリであった。ハーフ以外は未だ余裕が
ある様だ。ハーフが先に埋まったのは、ハー
フのみが大橋を渡るコースになっているから
である。

ローカルレースとは言え、なかなかの人気。
貴重な大会になりそうである。

20190207_223207.jpg



2019.02.07 Thu l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年初の大会が決定、本日エントリー完了で
ある。気仙沼つばきマラソン、お初である。
以前、一度参加してみたいと思った時がある。
断念したのは、船で島に渡る工程があり、躊
躇した。既に新しい橋が架かって、もう少し
で車で直接島に渡ることができる。今回は橋
を走れる最初で最後の大会である。 こうな
れば船もご愛嬌である。

IMG_20190107_190832.jpg

イベント性が高いと参加モチベーションも上
がる、楽しみである。ついでに、山形のひが
しねさくらんぼマラソンもエントリー完了で
ある。



2019.02.05 Tue l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
2019 1月 月報

さすがに冬なので雪や凍結の影響で、ロード
に乗れない。その代わりにランやスイム、結
果に表れた。ライドも、去年の1月(187㎞)
よりはマシ。

冬は読書の季節、読み掛けとはいえ、2冊完
了である。何と、三島由紀夫! 昨年映画化
されているので、そのうちDVDで。

あまり無理をしなくなった。月々の結果は散
々だし、年間の走行距離も確実に落ちている。
でも体調は良い。インフルは勿論、風邪さえ
引かない。怪我もなりにくい。50代これで良
いのかも。


2019.02.02 Sat l 月報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2018年年報_1


2018年年報_2

2018年 総走行距離
Ride: 4897㎞
Run: 3100㎞
Swim: 81㎞
合計:8078㎞

年間の走行距離は確実に減少している。過去
5年間の距離の経緯をまとめてみた。1年間で
平均7%減少している。2014年には1万kmを
超えていたのに。Runの距離は、ほぼ横這い
ながら、Rideは2014年と比べて約半分である。
そういえば長距離は走らなくなったなぁ。

※えっ、Anchorが年間走行距離1番!?意外と
 乗ってますなぁ。(ロードバイク走行割合)

【振り返り】
マラソン(4回)
・山形さくらんぼ(ハーフ)
  2018.06.03
  1時間45分49秒
 ⇒数年振りの参加。さくらんぼ
  食べ放題。

・秋田北緯40°秋田内陸リゾート(100㎞)
  2018.09.09
  11時間58分43秒
 ⇒前回から10分短縮。前後祭最高!

・山形ラ・フランス(ハーフ)
  2018.11.04
  1時間46分18秒
 ⇒初参加で初夫婦で参加。これまた
  ラ・フランス食べ放題。

・宮城栗原(ハーフ)
  2018.11.11
  1時間35分21秒
 ⇒今年最後の大会で、ハーフのPB更新。

トレイル(1回)
仙人ヶ岳トレイル
2018.03.25
  3時間49分27秒
⇒泉ヶ岳に続く第二弾。内容は良いん
  だけど会場まで遠い...。

ロード(2回)
栗駒ヒルクライム
  2018.05.13
  1時間07分47秒
 ⇒ミニヒルクライムって感じ、参加費
  安い、それなのにお昼ご飯や温泉半
  額券付き。

鳥海山ヒルクライム
  2018.07.29
  1時間39分41秒
⇒前回(5年前)から17分劣化、練習が
  加齢を追い越せない。でも好き。

2019年も劣化が続くのか、踏ん張れるのか
乞うご期待!


2019.01.14 Mon l 年報 l コメント (0) トラックバック (0) l top