FC2ブログ
毎年、走行管理(走管)として、サポートラ
ライドに参加していたツールド東北。昨年は
義父の葬儀関連でDNS。今年は無事に新盆と
一周忌を終え、何とか参加を果たした。

今回から牡鹿半島グループライドの同時開催
が無くなり、フリーライド(南三陸170㎞フ
ォンド)のみ参加。回数が増えるにつれ参加
者の方々からのクレームが増え、講習の厳し
さが増し、参加に伴うサポートは走管ベスト
のみと少し寂しかったりする。それでも参加
する意義は大きいと今年も頑張ってみた。

走管用の駐車場が近くなったのは大きなメリ
ット。石巻市民球場の新しい駐車場を解放。
そこから自転車で10分程度。

3:50(約1時間)に駐車場に到着。早い朝食
を済ませて、5:00に受付。既に会場では気
仙沼フォンド(210㎞)の参加者がスタート
ラインに並んでおり、活気がある。早々と走
管スタート場所へ移動。この大会でしか会え
ない石巻のライドチームの方々やスタッフの
方と談笑しながらスタートを待つ。晴れの日
ほど事故が多いらしく、今年はスタッフ内で
懸念されている様。この大会は雨や台風をい
つも心配している記憶があるが、今年は文句
無い晴天である。

気仙沼フォンドのスタート5:30を終えると
いよいよ南三陸フォンドスタートである。参
加者20人に1人の走管の割合(走管は20人だ
から、南三陸の参加者は約400名かな)。

ほぼ真ん中くらいでスタート。最初のエイド
(女川駅前)迄は先頭で先導する。デカい声
を張り上げ、大げさに手信号、後ろに気を使
い、交通規制に気を配り、結構疲れる。クレ
ームのことを考えると、気が抜けない。

約19kmで最初のエイドに到着。水分補給し
サンマのつみれ汁を頂く。せっかくなので、
参加者の方と談笑、次の日(敬老の日)は仕
事で大変そうである。トイレを済ませて、こ
こからが本番である。

基本は25㎞/hペースで、適当にグループに入
って、信号では率先して安全誘導する。余程
遅く無い限りは参加者は抜けない。歩道で止
まっている参加者には率先して声がけする。

更に19㎞走って雄勝エイド到着。ここでは焼
きホタテを頂く。いよいよ炭酸が恋しくなり
コーラを補給。牡鹿グループライドで顔見知
りになったスタッフの方にご挨拶。

今回大きな問題は、少なくとも近くでは無か
った気がする(完走後、自転車修理サポータ
に聞いても、同じようなことを言っていた)
自分対応ベスト3
 1脚攣り
   暑さのせいか両脚の方も多い。回復ま
   での付き添いと塩飴配り。痛そう...。
 2パンク
   意外とガスに不慣れな方が。持参した
   大き目のポンプが役に立った。
 3チェーン外れ
   以外と多い。手が汚れるのでティッシ
   ュ等を勧める。

神割崎迄22㎞走る。ここはお握り。ここまで
60㎞。燃費が悪いので、この辺からお腹が空
き、お握りは有難い。

更に26㎞(86㎞)走って、往路最後の歌津エ
イド。ここでようやく昼食の海鮮カレー(タ
コカレー)。炭酸1本とバナナも頂き、一服。
しかし既にここから足切りの巻きが入ってく
る。

少し北に向かい、Uターンし復路。往路最初
のエイドは藏内。ここではカボチャ饅頭とわ
かめ汁を頂く。疲れてきたのか甘い饅頭が美
味しい。参加者と談笑後、走管と話すと、次
のエイド迄の足切り時間まで1時間を切った
そうである。かつて足切りを想定したことは
無い。かなり遅いのである。

次のエイド、ホテル観洋で124㎞。5分で出る
様にと言われ、急いで熱いふかひれスープと
冷たいコーラを交互に頂く。

北上エイドで145㎞。足切り16:00。休憩中
に足切りタイム。30秒程度遅れた方が足切り
何とも可哀そうである。そこにいた走管1人
と2人で、足切り前の最後の参加者の後ろに
付いて走る様指示される。

最後の方は意外と早く、安心していると登り
でかなりスピードダウン。歩いている方もち
らほら。次のエイドの足切りは16:30。ギリ
ギリの方に付き、何とか足切り前に入れるよ
うにしたい。別な走管が脚攣りの方のサポー
トに入ったので単独走管で次のエイドへ。

先ほどのギリギリ参加者と、最後の河北エイ
ドにギリギリセーフ、と思ったらアウト。足
切りはバス送還である。走管は足切り無しな
ので、給水もせず、急いで一人、次のエイド
へ。

さすがに誰も走っていない。コースが多少不
安だったが、ガーミンに往路の履歴があり助
かった。リミッタが外れたのでハイペースで
走る。10分くらいで最終尾に追いつく。石巻
専修迄の足切りは17:30。ここからは、あま
り気にせず抜くが、さすがに止まっている方
は無視できず都度止まる。最後に止まったと
ころはパンク。

その後、何とかペースを持ち直し、17:15
で完走。時間ギリギリまで堪能して、疲労感
満載である。

たぶん、トラブルの少ないベテランが参加す
る気仙沼フォンドの走管の方と完走率は変わ
らない気がする。走管は参加者ファーストな
ので、完走にこだわってはいけないが、それ
でも出来るだけ足切りバスには乗りたくは無
いのである。

お知り合いの方に帰りの挨拶をして、地元の
走管と駐車場までショートカットでご一緒(
5分で到着)。帰宅途中、夕食と仮眠を入れ
て、21時に無事帰宅。

今回は、ほぼお仕事なので写真は、食材のみ。
次回掲載予定。



スポンサーサイト



2019.09.16 Mon l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年も参加、4回め。
先ずは結果から。

   タイム  総合順位 クラス別順位
2018年 1:39:41 361/770 83/224

2019年 1:35:53 318/679 71/192

なんと3:50も改善。今年は完全にタイムが
加齢速度を超えた。でも内容はイマイチ感
が残る。

土曜は19:00就寝、23:00起床、23:50
出発。全て一般道路で2:40到着。交通量
が殆ど無く、信号も少なく快適。ただ台風
の影響で、時折雨が降る。

大会当日、2時間仮眠し5:00起床。晴れ間
もあるが時折の雨。スタートから雨でなけ
れば良しとするしかない。トイレ、受付を
済ませ、少し試走、ストレッチで準備万端。

スタート会場に8:45集合。ほぼその時間に
結構な雨。木の下に退避。奇跡的に直ぐに
止み、道路濡れるも無事にパレード開始。
20190803_210205.png
時折、にわか雨数度

雨に降られずスタート。最初から少しペー
スを上げたのが後半に影響。ボトルは1本。
満タンにしなかったのでセーブしながら飲
む。
20190803_210122.png
20190803_210142.png
スタート直前にも結構な雨。この後は
奇跡的に下山するまで雨無し。

前半の30分は心拍150bpm台、さすがに快
調なはずである。ここのコースは降りも数
ヵ所あって良い休息になる。ペースが合え
ば、ハイペースを維持して登れる。

ほぼコース真ん中の、最初の給水所手前
から苦しくなる。給水所では完全に止まっ
て水分補給と、ボトルへの補充。かなり抜
かされたが、少し楽になったので、気を取
り直してスタート。

補充したので、遠慮無くボトルの水を首や
脚にかけて、冷却。途中でSさんやNさんに
声がけされて抜かれる、さすがに速い。

後半は160bpm台。やはりキツい。休みの
ダンシングも疲労で太ももに力が入らず、
効果的に使えない。こんなことは初めて。
貴重な経験である。

終盤でもペースを落とさないのがやっと。
ゴール間際でペースの落ちた方を抜いて
ゴール。何ともパッとしないゴールであ
る。(ゴール直前で170bpm超え)

こりゃきっと酷いタイムを想定したが、結
果は前年越え。パッとしないレースの原因
は前半のペースアップだったが、それが前
年超えになった原因とは皮肉である。

冷たいタオルとお茶を頂き、今シーズン最
初のスイカを思う存分食べた。良い大会で
ある。
20190803_210046.png
20190803_210104.png
20190803_210026.png
今年初スイカ、そして食べ放題。

がけ崩れとかで、下山は登ってきたところ
をそのままトレース。着込んだレインウエ
アが熱い...。ブレーキングする腕も痛く、
結構疲れた。路面がドライだったのは救い
である。

下山後直ぐに自転車を車に仕舞い、早々に
お握りと豚汁を持って、冷房の効いた体育
館へ。アンケートを書きながら抽選会を待
ったが、いつものことながら結局当たらず
残念。
20190803_205950.png
お握り、多分コンビニ1.5倍。
20190803_205849.png
今年もバイシクルクラブ付録
2個付き、使えるグッズばかり。

帰りは、途中の道の駅で家族へお土産を買
い、一回のコンビニ休憩を挟んで、18:00
無事帰宅。
※メータ読みで、Fitの燃費が初の30㎞/L超
 えである。



2019.08.03 Sat l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
かなり楽しみにしていた、鳴子スプリング
ライドが雨のため中止となってしまった。

参加費無料なのにゴール後に温泉券やお食事
補助券、鳴子ちゃんのタオルが頂ける豪華?
でゆるい大会で、お仲間数名と参加希望して
いた。

コースは35㎞(希望で激プラス15㎞で50㎞)
自走(自宅から約60㎞)を予定していたので
合計170㎞といい感じだったのに。

当初は小雨なら行く勢いもあったが、無謀な
ライダーのため?に大会事務局が前日に中止
を宣言。モヤモヤ無く中止を受け入れた。
※自分でDNFするのは結構ツラいものである

メールで参加予定していた方は、事務局まで
行くと参加賞を頂けるとのことで、奥さんと
試験気晴らしの娘と3人で、ドライブがてら
雨の鳴子の温泉街へ。

大会事務局(鳴子温泉観光協会)は、鳴子温
泉駅に併設されていて、結構狭い道の先にあ
る。(あまり車では行きたくない)足湯があ
ったが雨のため断念。

温泉券と食事補助券は2日間限定のため、使
えなかったが、お饅頭2つとボディメンテ2本
鳴子ちゃんのタオルは有難く頂いた。

帰りの道の駅で、ロイズのチョコを買い、ケ
ーキセットを戴く。ケーキセットは思いのほ
か美味しく、既にそれで大会中止も満たされ
た。

秋もある(オータムライド)が、多分9月頃
で、他の行事で参加は厳しい。来年のスプリ
ングライドを楽しみに待ちたい。

20190616_144836.jpg
ゴール後に受け取りたかった

20190616_144919.jpg
これで580円、お得で美味しい
ロイズの100円チョコバーも付いてる

20190521095009834_0002-1-721x1024.jpg
コース(来年のため) 押すと拡大

20190616_145006.jpg
温泉と食事マップ 押すと拡大


2019.06.16 Sun l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
正しくは2019栗駒ヒルクライム春ステージ、
ってことは夏もあるのか。ある、出たこと無
いけど。夏の山登りはシンドそうである。

季節の良い春ステージに2度目の参戦。昨シ
ーズン栗駒山は雪が多かったのか、雪解けの
季節の今頃、雪崩で一部道路が通行止め。秋
田側から集合場まで向かい3時間半。
 
日頃大音量で音楽が聴けない環境では、これ
が丁度良い距離間。5:30出発、高速無しで9
:00前到着も意外とあっという間。ナビも通
行止め対応で頼もしい。
20190518_110514.jpg

20190518_110457.jpg
昨年は全く雪無かったのに。雪崩も起きる
わな...。
何時ぞやの蔵王より雪の壁立派だったような。

集合場所でチームのIさん発見(車中泊とのこ
と)。その後にA君と合流し、今回はチーム
内参加は3名。(本当はもっといたのに、通
行止めで断念の方数名)
20190518_110424.jpg
Aくん、イケメンだねww

10:30スタート地点まで下山。(この大会は
ゴール場所が集合地点)快晴だが風が寒い。
途中のトンネルは凍えるばかり)ウインドブ
レーカが欲しいところ。そして11:30から
グループ単位でスタート。
20190518_110303.jpg

20190518_110332.jpg

前回はペース配分誤って少しセーブし過ぎた。
出だしの緩い登りと下りはハイペース。それ
がタタって、10分後の本格的な登り開始から
ばて始め、早々に心拍160を超える。暫くペ
ースダウンが続く。感覚的には心拍170的な
くらい、息も上がり久しぶりに結構ツラい。
練習なら即超スローにするくらい。

トンネルに入った。冷える、そのせいかペー
スが上がる。下山時のトンネルは暗くて怖か
ったが、登りでは視界も良好。更に後半もペ
ースを維持。

ケーデンス上げ気味で登ると、更にペースも
上がる。ペースダウン時に抜かれた方数名を
抜き返し、気持ち良くゴール。

ペースダウン状態でのゴールでは辛いだけで
倒れたかもしれない。途中からの回復は地味
な練習の成果か。

意外と結果も良かった。
昨年 1:07:47 ⇒ 今年 1:04:31
20190518_110215.jpg

20190518_201140.jpg
ゴール後の記録書出力が途中調子悪く、郵送
された、コメント入りでさすがです。
※実は当日ギリギリ記録書貰えたので、2枚
 持ってる。

ゴール後に出にご飯、豚汁、今回特別に甘酒
のご褒美(2杯頂く)。Iさんと歓談しながら
食べた。私は頂いた半額券で温泉へ。(Iさん
は月曜他県出張のため、速攻帰宅)超熱い湯
に浸かり疲労抜き。帰りの運転時の眠気予防
にランの大会でもそうだが、出来るだけ大会
終了時には湯に浸かる様にしている。
20190518_110247.jpg

表彰後の、恒例のチョコ撒きで、運よく和菓
子セットを頂く。昨年も子供のお菓子セット
を頂いた。
20190518_110114.jpg

そして同じ道を眠気も無く、約30分プラスで
無事帰宅。
20190518_110158.jpg

※本大会、参加費が異常に安い。その割に
 ゴール後の食事や温泉半額券、そして、
 チョコ撒きと内容盛り沢山。勿論、チッ
 プで自動計測。一般車両の規制は行わず
 ライダーのモラルに訴える。(クレーム
 が来たら最悪中止とのこと) 事務局の
 苦労は想像もできないが、頭が下がる思
 い。サポータが足りず、ライダーに同行
 した家族にお手伝いを頼むなど、ちょっ
 と笑えて微笑ましい。
 肥大化した大会も多い中、アットホーム
 で良い大会と感じるのは私だけでは無い
 はず。(年に2回開催ってのも凄い)


2019.05.18 Sat l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよ明日、今シーズン初の自転車イベン
ト(ヒルクライム)である。

最後の悪あがきで、朝練でスプリングバレー
へ向かったが、10㎞過ぎた辺りでまさかの久々
のパンク。何か前輪辺りからタイヤの回転に
合わせた異音が。前輪に異常は無い。念のた
め後輪を確認すると、タイヤのど真ん中に太
い針金が。抜いたら空気が抜けた。
チューブを交換して修理完了。但し次の予備
チューブは無く、空気圧も低いため、山登り
は止めて、Uターン。大会前のトラブルや怪
我は頂けないので。

HPで、「真湯~須川温泉間が本日落雪によ
り通行止めになりました」とのアナウンス。
秋田側から迂回して来いとのこと。時間が
掛かりそうだが、「ん、待てよ、前回も秋田
側から入らなかったか?」ナビだと、高速を
指定しないと、何故かこのルートになる。大
会スタート時間が1時間遅くなるとのことだ
し、昨年と同じ5:30自宅スタートに決定。

前回のタイムは1:07:47、さて今回のタイム
はどうかな。

2019.05.11 Sat l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top