今週末は、梅雨に加えて台風の影響で外もの
が何もできない。来週末は、町内夏祭りの仕
事で土日ともつぶれるため、是が非でも自転
車に乗っておきたい。

と思ったら、土曜は早朝から雨。完全に諦め
スイムに切り替え。夏休み期間はいつもより
1時間早く9:00開場。少し遅れて9:20に到着。
それでも人は少なく、1000m泳ぎ切る迄、1レ
ーン貸し切りで泳げた。フリーエリアも空い
ていたので、背泳ぎのチャンス。十分、伸び
伸びを堪能していると、10:30頃からいつも
の混雑気味に。ノルマの1500mと背泳ぎ練を
終了し、11:00に終了。今度は是非9:00で。
img20170730_142217.jpg
プール内撮影は厳禁です。アヒルちゃんで
我慢してください(;^_^A)

その後、夏祭り関連の連絡事項をTELとLINE
で伝達。 毎週、何かしらの町内会活動は発
生している。早く楽になりたい...。

日曜もこれまた早朝から雨。娘の写真撮影に
付き合うはずであったが中止。悔しい思いを
していると8:00頃に雨が止み、その後徐々に
路面が乾燥状態に。濡れるの覚悟で9:00にロ
ード練。50㎞走って11:30に終了。運良く濡
れず。(娘の写真撮影の付き合いは奥さんに
バトンタッチ)

梅雨時期は外ものの予定が経たない。少しで
も出来そうなら、有り難く貪欲に使いたい。


スポンサーサイト
2017.07.30 Sun l スイミング l コメント (0) トラックバック (0) l top
プール迄の足は、基本的に自転車である。車
はイケません。スイム練の復路にふっと思っ
た。これは中学時代の自分と同じではないか。

今から約40年弱前、中学生の自分は夏のプー
ルが大好きであった。小学生時代は学校にプ
ールがあるため、夏休みは毎日通った。中学
生になったら、市民プールである。

自転車で約1時間、結構な距離である。暑い
日差しの中、友達とよく通った。一人の時も
あった。 特に何かを目指して泳いだわけで
はない。だだ水につかってふざけていただけ
の様な気がする。今の方が余程練習している。

そして帰りはアイスを食べて、ダラダラ街な
かを経由して、帰宅するのが常であった。当
時、ラジオ(そのもの)に興味があったので
よく電気屋さん巡りもした。そして、時々母
に勉強しろと叱られた、当たり前である。

今の中学生の様に塾漬けで夏休みが休めない
(かつての我が子供達も...)のとは隔世の
感がある。 何とものんびりしており、伸び
伸びして、平和な楽しい時代だった。そんな
中で時間を過ごせたのは幸せだったと思う。

今、自転車でプールから帰宅する自分は、当
時と何も変わっていないではないか。帰りに
時々寄るコンビニで飲むコーヒーは、アイス
から変わっただけである。

これって先祖返り、子供返りであるな。何と
も幸せである。


2017.07.26 Wed l スイミング l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は有給休暇。貴重な梅雨の晴れ間は朝
ライド。その後は朝食を挟んで、朝スイム。
img20170726_193606.jpg
いよいよ夏だなぁ。
いつまでも眺めていたいけど、帰らないと。

プールはいよいよ夏モード。小学生が夏休み
なので、フリーエリアは混み込みである。
今日の背泳ぎ練は諦める。

本日のテーマは、25mターン時に休まないで、
どこまで距離を伸ばせるか、である。
300m迄は行けるが疲れてくる。途中平泳ぎ
を100m入れて、400mで10秒くらいの休みを
入れて、500m完泳である。これを平泳ぎを
入れるタイミングと距離を少し変えながら
3回の計1500m行う。

練習の効果からか、500mはハードルが下がっ
てきた。調子が良いと600mはイケる。途中に
平泳ぎを入れると脹脛が攣らない。まだまだ
シロートのため?、1000m超えると攣り易く
なる。それを救うのが平泳ぎである。途中切
り替えて継続スイムが可能である。 これを
使えば練習次第で、距離は果てしなく伸ばせ
そうである。

平泳ぎは疲れる。100m続けて泳ぐと逆にダメ
ージである。中継ぎは、本当は平泳ぎではな
く、背泳ぎが理想である。

背泳ぎは、なかなかまっすぐ泳げない。それ
でもコツを掴んでからは、少しはマシになっ
た。フリーエリア以外では皆様にご迷惑なの
で練習がどうしても少なくなってしまう。

何としても楽に泳げる距離を伸ばして、目指
すはトライアスロン オリンピックディスタンス
である。


2017.07.26 Wed l スイミング l コメント (0) トラックバック (0) l top
仕事や帰宅後の残業(一人町内会活動)でス
トレス許容範囲を超えそうなので、昨日は会
社帰りにプールにGoである。

先にクロール練、疲れているのか、息が上が
るのが早い。それでもノルマの1500m(500m
x3)を何とかこなし、いよいよ期待の高まる背
泳ぎである。何故、期待が高まるかと言えば
コツを掴んだからである。

あまりコツを気にしなくても、何故かごく普通に
泳げてしまった。コツを気にすると、かえって
沈んでしまう。 普通に泳げたと言っても、フォ
ームは汚いし、曲がる。 でも顔面に水がかか
らず、力を抜くと、もの凄くラクである。気持ち
が良い。 気づいたら21:00になりそうで、そこ
で止めた。

こうなってくると、半日はプールに居たい。食事
が出来るなら一日でも...。










2017.07.06 Thu l スイミング l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は勤務時間調整で午後休暇。
早速、プールへGo。午後の全ての時間が使
えるので、結構な余裕。

フリーエリアも空いている。後で背泳ぎ練。
取りあえず、クロール特訓で1.7㎞(500m+
300m+400m+300m+200m)。ゆっくり
なので、まだ余裕が。

背泳ぎは覚えておかないといけない。長距離
では、休憩やゴーグル調整できるので、必須
なのである。 なのに苦手である。曲がるし
顔面が沈んで鼻から水が入って咽るし。

ちょっと前に年配のご婦人に背泳ぎのコツを
伺った。肩を水面に沈めておくのである。
中々思ったようにできない。意識すると力が
入って疲れる。

本日、コツを偶然発見。肩を水面に沈めるの
ではなく、かき始めた腕の方向に目線を移す
と、自然に目線の先の肩が自然に沈み、態勢
が安定し顔面が沈まない。更に方向感覚が出
て、比較的まっすぐ進む。つまり、身体は腕
のかきに合わせて左右に動いているのである。
これまでは、腕のかきに関係無く水平体制を
とっていてた。

これは練習するしかない。曲がらなくなれば
フリーエリアでなくても練習できる。

今日はかなり得をした気分である、ビールで
も飲みたい。

2017.06.28 Wed l スイミング l コメント (0) トラックバック (0) l top