恒例の一年間振り返り。
たった一年前なのに忘れていたり、懐かしか
ったり。 自分の振り返りと今年の計画立案
の参考として、今回も作成。

パソコン故障により、年報の作成が遅れまし
た。 実は途中まで作成していたのに、デー
タをトップで作成していたので、おじゃん。
気を取り直して、作り直し。

【全体総括】
昨年と比較して、明らかに走行距離は減少し
ている。 町内会、スイムといろいろ事情はあ
るけれど。
2017年間記録1
ライド+ランで2017年間走行距離:8635km
今年も1万いかなかった...。

2017年間記録2
2016年に比べて、800㎞以上走行距離が
短い。

【大会総括】
昨年は、町内会活動に週末を捧げたせいか、
参加した大会は少ない。更にDNSも発生して
何とも波乱な大会参加であった。少ないチ
ャンスなので、色々な思い入れもあった。


【マラソン】
06/11 岩手銀河チャレンジウルトラマラソン → ここ
 思うところがあって、今回で最後の参加
 にした。フル以上の感動があったが、泣
 けなかった。3勝1敗、決して楽では無い。
 自分の脚力をベースにした戦略が無いと
 走り切れないから、ウルトラは辞められ
 ない。2018年は別なウルトラに参加予定。

09/24 泉ヶ岳トレイルラン → ここ
 初のトレイル。これは面白い。足場が悪
 過ぎて進めず、途方に暮れる経験が他に
 あるだろうか。今回は様子見の12㎞。20
 18年は最長の17㎞に臨みたい。

10/09 山形南陽さわやかワインマラソン → ここ
 参加費安い(\3000)、参加賞がワインっ
 て面白いってことで参加。地元の学生が
 参加したり、ボランティアしたり。アット
 ホームで、次も出たい大会。

11/12 栗原ハーフマラソン(DNS) → ここ
 マラソン初DNS。しかも前日体調不良とは
 ランナーとして大切な健康管理ができて
 いない、最もやってはいけないこと。大
 反省。雰囲気が良い大会なので、2018年
 はリベンジ。


【自転車大会】
2017/05/21 蔵王ヒルクライム → ここ
 大会的にはタイム計測ミスがあったが、セ
 ルフ計測でほぼ前回と同じことがわかった。
 この年なので無理してタイム向上はさほど
 望まないが、自転車を乗る楽しみが削れる
 のは嫌なので、タイムは前回と同じことが
 目標である。 大会事務局からお詫びのチ
 ーズセットを戴けたので、かえって大満足
 である。

2017/09/16_17 ツールド東北 → ここ
 走管ライダーとして、今年度で4回め。幸
 い、牡鹿チャレンジでは参加されるライダ
 ーに大きな怪我も無く、皆さん気さくな良
 い方ばかり。パンク等の修理サポート以外
 で、絆創膏や飴とか小物も喜ばれる。私的
 には古タイヤは毎年必須である。今年もチ
 ャンスがあればまた参加したい。 事前走
 行や説明会は丸一日しんどいが、管理者
 としては当たり前。救急スキルも上げなけ
 ればならない。それも含めての走管ライダ
 ーである。


【イベント】
2017/03/16 平松絵里コンサート → ここ
 奇しくも娘の高校合格発表と重なったが、
 幸い合格したので、気持ち良くコンサート
 に。最後に行ったのが1992年だから...。
 それから数えて5回め。懐かしい曲から新
 しい曲まで。最後は初のDVD買ってサイン
 頂いてお話もできて、もぉ最高。
 
2017/12/14 八神純子コンサート →ブログ無し
 仙台フィルとのコラボコンサート。抽選だ
 けどなかなか当たらないらしい。ちょっと
 でも気を引こうと、奥さんとイラスト入り
 のハガキで応募。奥さんのハガキが当選。
 これまた皆さんご存知の懐かしい曲から最
 新アルバム曲まで、仙台フィルをバックに
 歌う歌う、声量がものすごいので負けてな
 い。最後のアカペラは圧巻。
 最新CD買って、サイン頂き、お話できて。
 奥さんがされたインタビューがTVで放送さ
 れるオマケつき(勿論録画して、家族ネタ
 に)
 帰りの、いつもと違う光のページェント。

 
【その他】
他にもいろいろあった。タイトルのみ箇条書
きで紹介。

・高校文化祭
・受験お礼参り
・強行日帰り東京ツアー
・ひまわりの丘写真撮影
・彼岸花写真撮影
・松島紅葉ライトアップ
・町内会活動
 ※結構しんどかったが、敢えて振り返るまい


【2018年に向けて】
既にこれを書いているのが2月も中旬なので
出遅れ感もあるが、各段に飛びぬけた目標
は無い。 無理をしてDNSした様に、無理は良
い結果を生まない。 ホビーレーサー?ホビー
アスリート?の本分は、仕事と家庭の上に成
り立っていて、それを脅かしてはいけないの
である。

スイムも少しずつ充実してきたので、本当は
トライアスロンといきたいところだが、もう少し
我慢が肝心である。 オープンウォーターで
は、スキル不足は即命取りである。更に練習
を積みたいし、家族の信頼も取り付けないと。

よって2018年は、更にスイム練に励み、新た
に始めたトレイル大会の参加回数を増やし、
マラソン大会も2017年よりは少し多く参加した
い。

とりあえず、予定の可能性のある大会を列記
・仙人ヶ岳トレイルラン(確定)
・蔵王ヒルクライム(予定 △)
・栗駒ヒルクライム(確定)
・大河原一目千本桜マラソン(予定 △)
・山形サクランボマラソン(予定 〇)
・ツールド東北(予定 〇)
・会津ミニトライアスロン(予定 △)
・泉ヶ岳トレイルラン(予定 〇)
・秋田ウルトラマラソン(予定 〇)
・山形ワインマラソン(予定 〇)
・栗原マラソン(予定 〇)
    ※予定の可能性が低いのは△

これだけ全部出ると、確実に怒られるので
取捨選択と家族への丁寧な説明が必要で
ある。

あぁ、長かった...。


スポンサーサイト
2018.02.18 Sun l 年報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2016年を振り返る年一恒例の行事。振り返る
と、一年間いろいろありましたね~

【全体総括】
勤め先で50歳休暇を頂いた。仕事に支障が無
い限り自由に時期の設定ができる。せっかく
なので大会の多い9月に設定。10日間の休暇の
中に
・ツールド東北(2日間)
・会津ミニトライアスロン
・秋田100㎞マラソン
を詰め込んだ。やる気があっても、時間が無
いとなかなかやりきれない内容である。

勤め先での特別休暇は定年迄これが最後なの
で、良い思い出となった。またこれを許して
くれた家族に感謝。
※今思うと、やはり思い切って9月に取得し
 て正解だった。仕事に流されて年度末に
 取るのは、本当にもったいない。


【マラソン大会総括】
・ 4月 柴田ハーフマラソン(21㎞)
・ 6月 いわて銀河ウルトラマラソン(100㎞)
・ 9月 秋田100㎞ウルトラマラソン(100㎞)
・11月 栗原ハーフマラソン(21㎞)

柴田を走る前に、左脹脛の張り(痛み)があ
った。ほぼ通常の走りはできたが、不安が残
ったのは覚えている。その後は大きな故障も
無く、いわて銀河ウルトラへ突入である。86
㎞でDNFであったが、その後の秋田ウルトラ
から考えると、前半特にスタートしてからの
ペースが速かったのがおおよその要因である。

いわて銀河で痛めた右膝は1ヶ月で完治したが
時折痛む左脹脛で決してベストでは無かった。
秋田はスタートから暫くはかなりスピードを
抑えた。脹脛や左膝の痛みが無いことを確認
しながら、徐々にスピードを上げていった。
そして残り10㎞はかなりハイペースで走れた
のである。つくづく自分は前半頑張れないタ
イプだと確信した。


【ロードバイク大会総括】
・ 5月 蔵王ヒルクライム
・ 8月 ツールド東北試走会(牡鹿半島100km)
・ 9月 ツールド東北(牡鹿半島100㎞)
  ツールド東北(女川60㎞)

自転車関連の大会はめっきり減った。あぁ、
200~300㎞くらいで、一日で完結する大会無
いかな~。 私は本来のんびりロングの人で
ある。
※家庭内規約は大会は一日で完結すること。
 その日に帰ってくること。

数少ない大会で思い出深いのは、ツールド東
北の牡鹿100㎞ライドである。
※ツールド東北はサポートライダーで参加し
 ているので本来は大会では無いが、一緒に
 同じ距離を走るので、大会としてカウント
 している。

ちゃんと説明会に参加し、試走会にも参加、
大会そのものも初の試みでるため、気持ちは
本気で臨んだ。
初めての参加者の方と、ほぼ一日ご一緒であ
る。もし気が合わなくとも、最後までおもて
なしである。

ラッキーだった。ご一緒させて頂いたのは、
参加者同士がみな知り合いで、女性が2人も
いらっしゃる。 長距離が初めての女性の背
中を押して、牡鹿の坂をサポートする強者ラ
イダー(別の女性の旦那さん)がいるグルー
プで不安があるわけがない。
終始穏やかで、わきあいあい。ご一緒したサ
ポートライダーも知り合いのチームの方で
既に全員が既知のグループの様であった。
ゴールは最終組になってしまったが、素晴ら
しい大会内容であったと思う。


【スイム総括】
・10月 会津ミニトライアスロン
コツコツ地味に練習を続けている。練習量が
そのまま泳ぎに出るが、どんなスポーツでも
一緒であるが、伸びない時期が何度かある。
お一人練なのでなおさらである。

それでも、今回のミニトライアスロンでのス
イムは確実に前回を上回った。スピードもそ
の後の疲労感も全く違う。
オープンウォーターを目指して、日々努力。

2016総括

【ラン・ライド年間距離】
2016 総合距離  9463㎞ 
(ライド:6063km、ラン: 3400km)

参考)
2015 総合距離  9784km  
(ライド:6768km、ラン: 3016km)

全体で昨年より300㎞くらい距離が減少。ラン
は伸びたが、ライドは700㎞くらい減少した。
3競技、バランス良く練習するのって難しい。

身体への負担が分散されて怪我しにくいこと
や、怪我したとき別の競技でリハビリできる
ので、3競技をする意義は大きい。飽きない
し。


2017年は町内会の班長(か何かの役員)なの
で、年間スケジュール無いと全く予定が立た
ない。 とりあえず岩手ウルトラは必ずリベ
ンジなので申し込んだが。せめて蔵王ヒルク
ライムは出たい。
本当はトライアスロンのスクールに参加した
いのだが。参加は無理だが、見学は一度して
みたい。


2017年も怪我無く、頑張れますように。


2017.01.27 Fri l 年報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎年恒例、2015年の総括をしたいと思います。


【全体総括 最も印象的なできごと】
2015年の大会・イベント参加はそれほど多くありませんでしたが、その中で印象的なことは。

会津大学主催ミニトライアスロン
スイム:25m x 12回、ライド:1.2km x 6周、ラン:1.2km x 2周のミニトライアスロン、撃沈です...。
スイム300mがキツイキツイ。当時300mは調子良い状態でやっと泳げるレベル。他の方と
ぶつかったり蹴られたりの、普段では有得ない環境の中、25mでさえやっと。途中、マジで
DNFしようかと思いました。 どんな大会もDNFはしたこと無い、ここは踏ん張って何とか
300m泳ぎ切りました。

全体の体力の8割をここで消費。次のライドもスイムほどではないですが、普段の練習より
キツイキツイ。そしてランも普段よりペースダウン。全てが最初のスイムが原因。

あれから半年以上が経ちました。あのときの悔しさを思い、ひたすら練習。今ではスイム:
25m x 12回は長い距離とは思わなくなりました。 それでも練習のときより大会環境は苛酷
ですが、今こそリベンジ、今年はもっと楽しみたいです。


【マラソン大会総括】
2月 福島・いわきサンシャインマラソン 42km
5月 宮城・フードマラソン 42km
6月 岩手・銀河チャレンジマラソン 100km
10月 山形・長井マラソン 42km
11月 岩手・奥州前沢マラソン 30km

2015年大会はハーフを避けてエントリー、全て20km以上の大会です。それぞれ良い思い出
となりましたが、いろいろ理由があり、2016年も継続する大会は銀河チャレンジのみ。
いろいろな理由って...。
  エントリー代の急激な値上げ  わずかな抵抗です
  宮城唯一のフルが同じコースを2周する周回コースとは...。
  山形も...。
  大会自体が終了。2年後にリニューアルとのこと。期待したいところです。

距離じゃないよねってことで、2016年はハーフ復活する予定です。


【ロード大会総括】
5月 時空の路ヒルクライムin会津
8月 ポタリング牡鹿 80km
9月 ツール・ド・東北 220km

参加した大会、少ないなぁ。ツールドは管理ライダー(ボランティア)での参加だし。いや、
このくらいで適切です、2016年はもっと減らさないといけないですし...。
  ・参加景品のご飯茶碗は気に入ってます、今のメインの茶碗です。ゴール後の
   しんごろう餅やアイスも最高です。 コースは...。
  ・ポタリングには適当な距離、いろいろな方とお知り合いになりました。
  ・ツールド、最初は170kmとか思ってましたが、急きょ220kmへ変更、昨年に続く2年
   連続。出来る限りお世話させて頂きました。ディレイラ(Di2)破損、チューブレス
   パンク、集団落車、どれも大事に至らなくて良かった。やっぱり雨降られた、
   残り50km...。


【スイム総括】
これまで夏の一時期しかしていなかったスイム。これじゃ伸びないと思い、2015年6月
から基本週2回ペースで練習開始。プールの水に反応したスイム後の大量の鼻水や
くしゃみは、鼻クリップで軽減。
泳ぎ出し(最初の準備スイム)は25mでもきつかったのが、今では泳ぎ出しは普通に
200m。当時は最長200mがやっと(凄く調子良くて、稀に300m)。今では300mは普通。
最長600m。おまけに鼻クリックなくても鼻水やくしゃみは減り、鼻から水も入らなくなり
ました。鼻クリック卒業です、慣れるもんです。

呼吸方法やキック等の不満は沢山ですが、練習を続けると改善されることを実感。
(最初は、本当に距離が伸びるのか不安でしたが) 今年も練習あるのみ。


【ラン・ライド年間距離】
2014 総合距離 10730km   (ライド:8010km、ラン: 2720km)
2015 総合距離  9784km  (ライド:6768km、ラン: 3016km)
ということで、前年比較で-946kmのデグレード。 さすがに通勤ランのおかけでランは
延びましたが。2015年5月連休明けから通勤ラン始めてこの距離の差なので、今年は
もっと差がつきそうです。

2015年間記録
2014年間記録

今年は子供が受験の年、大会は今以上の控えないといけないので、厳選して参加し
ないと。
さあ、2016年も頑張ろう!!

2016.02.09 Tue l 年報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2014年を簡単に振り返り、2015年の予定をまとめてみたいと思います。

【トピック】
2014年もいろいろありましたが、何といってもこの3つが最も大きいトピック
です。
1 交通事故
  会社帰宅途中、反対車線からの右折車にぶつけられました。幸い
  骨折等の重傷にはならず。示談は半年以上も過ぎた今年1月に終了。
  ※もちろん過失責任0
    ドライバーさん、自分は体重軽いし、運動してるから骨も丈夫
    だったんで、これで済んだんですよ。 ドライバーさんもラッキー
    だったんだから、十分反省してください。

2 岩手銀河チャレンジマラソン
  ゴール後に「本当に泣けるのか」を試したくて?100kmマラソン(
  岩手銀河チャレンジマラソン)に参加。交通事故の影響はあった
  ものの、80km以降脚が動かなくなったにも関わらず、無事ゴール。
  泣きませんでした...。

3 ツールド東北
  スタッフとして参加。いろいろな経験させて頂きました。距離もしっかり
  220km走りました。さすがにハンガー折ったライダーの方には、自分は
  無力でした...。


【大会】
2014年は岩手前沢マラソン以外全て始めての大会ばかりでした。

 ・蔵王ヒルクライムエコ (ライド) DNS
 ・山形温海さくらマラソン(30km) 初
 ・岩手銀河チャレンジマラソン(100km) 初
 ・ツールド東北 (ライド220km) 初 スタッフで参加
 ・会津柳津マラソン(40km) 初
 ・岩手前沢マラソン(30km) 4回


【年間走行距離】
2013年と2014年のランとライド(自転車)との年間走行距離を比較して
みました。走行距離は、2013年に対して2014年は、ランが増え、ライド
が減ってます。 トータルでは1年前より200km負けた...。
明らかにラン重視のスタイルに変わっている様です。

2015年もラン重視の傾向が続く気がします。

            2014年  2013年
ライド走行距離  8010km  9213km
 ラン走行距離  2720km  1710km
        計 10730km  10923km

2014_年報


【2015年間予定】
既に蔵王ヒルクライムエコは蔵王の火山活動活発化に伴って大会中止が
決定しています。昨年の雪辱は来年に持ち越しとなりました。
 
 ・いわきサンシャインマラソン (42km) 2回 決定
 ・宮城風土マラソン(42km) 初 決定
 ・岩手銀河チャレンジマラソン(100km) 2回 決定
 ・ツールド東北  2回 スタッフで参加したい(希望)
 ・会津柳津マラソン(40km) 2回 ?
 ・岩手前沢マラソン(30km) 5回 予定
 ・鳥海山ヒルクライム (ライド) 予定


2015.01.18 Sun l 年報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
遅くなりましたが、2013年を振り返ってみたいと思います。
改めて、いろいろあったんですねぇ。

【2013年振り返り】
1月いわきのフルマラソンに向け、練習三昧
2月いわきサンシャインマラソン (4時間16分)
3月Dシャリン朝練スタート 3/末にブログ模様替え
  GPS時計導入
4月SUNRISE RIDE参加 映画「リンカーン」約1年
  ぶりに劇場へ
5月蔵王ヒルクライム
  震災後、初めて牡鹿半島ライド。金華山定期便
  が再開。
6月山形・ひがしねさくらんぼハーフマラソン (1時間43分)
7月秋田・鳥海山ヒルクライム
8月飯島真理さんコンサート ライド月間1000km越え
9月秋田・センチュリーライド
  フィナンシャルエージェンシーカップ ゲストが
  HKT48と豪華
10月宮城・松島ハーフマラソン(1時間43分)
   ※偶然、さくらんぼとタイム一緒
11月岩手・奥州前沢30kmマラソン(2時間29分)
  SUGO・エンデューロ
12月初スキー


思い出深いのは、2月に参加した初フルマラソン。11月に
左膝を痛め、痛みを騙しながら練習し、アイシングと地味な
筋トレが功を奏し、無事余裕?でゴール。怪我のケアやテーピ
ング覚えました。

震災後初めて閖上方面(SUNRISE RIDE)や鮎川(牡鹿半島)
へ自転車で行って見ました。いろいろな気持ちになりました
が、自分に出来るのは、やはりそこへ出かけて何かを感じた
り、お買い物したりすることが一番なのかと思いました。
春になったらまた出かけて見たいと思ってます。

今回の秋田・センチュリーライド、これまでで一番天気悪か
った...。終始雨、おまけにパンク。エイドで戴いたババ
ヘラアイス、晴れてたらもっと美味しかっただろうな。

フィナンシャルエージェンシーカップ、レースはともかく
生HKT48は凄かった。さっしーにも会えたし。

という事で、いろいろあった2013年でした。


【2014年の予定】
2月福島・ いわきサンシャインマラソン(フル)
4月山形・温海さくらマラソン(30km)
6月岩手・ 銀河チャレンジマラソン(100km)
7月秋田・鳥海山ヒルクライム
9月秋田・センチュリーライド
10月宮城・松島ハーフマラソン
11月岩手・奥州前沢30kmマラソン
 いやぁ、自転車よりマラソンのイベント圧倒的に多いなぁ

今年最大のハードルは、間違いなく6月の100kmマラソン。
ちょっと無謀だったかも? 練習がんばって、何とか完走
出来る様、ベスト尽くします。

年間記録
(ライド:9213km ラン:1700km 計:10913km)
2014.01.29 Wed l 年報 l コメント (0) トラックバック (0) l top