FC2ブログ

img20180627_224120.jpg
左は最新のvívosport Slate
右は古いEdge
下は胸につける心拍センサー

ランナーや自転車乗りなら、誰でも知ってる
GAMIN。(あくまで個人の感想だが)信頼性
が高く、操作性も良い。パソコンやスマホと
の親和性も良好である。

購入履歴(Foretrex101以外現役)
・小型ハンディGPS:Foretrex101
・GPSサイコン:Edge800J
・GPS時計:ForeAthlete920XTJ
そして今回は
・GPS活動量計:vívosport Slate

活動量計の購入目的は、ライド時の光学によ
る心拍計測である。更に欲を言えば、古い
Edge800Jにも接続(ANT+が必要)できれば
良いと思っていた。またせっかくだからRUN
にも使いたい(GPSが必要)。

ということで、最低機能は膨れ上がり
・光学心拍測定
・Bluetooth(これは必須)
・ANT+
・GPS
更に小型なら、なお良い。

そして決定したのがvívosport である。
本命の、光学で腕で測定する心拍計は、非常
に簡単で測定結果も良好である。(厳密には
胸センサーとの比較はしていないが)

あの煩わしい胸ベルトが必要無いのである。
ベルトのセンサーには感度を上げるため、水
で濡らして付ける必要がある。終わった後の
ケアも厄介である。それを思うと何と楽なの
か。

ただ、いきなり欠点を書いてしまうと、表示
が小さい。特にライド時の心拍読みは、老眼
の目には厳しい(ラン時は問題無い)。やは
り克服するためには、リンクさせてEdgeや
ForeAthleteで前面に表示させる必要がある。

新しいForeAthleteでは、難なくアップリンク。
問題はEdge、何度試してもリンクしない。
そういえばEdgeはアップデートをしていない。
面倒だが、先ずはそこから。

GAMINのHPからEdge800J用のアップデート
ファイルをダウンロード。最新版が2014年だ
から、如何に古いことかわかる。そして自動
で接続されるGamin Expressでアップデート。
特に問題無く完了。

改めてvívosport とEdgeを接続を試みると、難
なく一発で接続。ANT+は統一規格だから古く
てもリンクするだろうと考えたのは甘かった。
更に余計なことに、Bluetoothを持たないEdge
の走行データが、vívosportを経由して、スマホ
に転送されていたww

Edge購入が2011年だから、7年の時を超えて最
新のvívosportにリンク、感動である。Edgeは
バッテリがヘタってきたが、しばらくは現役で
使えそうである。

GAMIN沼からは中々抜け出せそうにない。

スポンサーサイト



2018.06.27 Wed l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top