FC2ブログ
正しくは2019栗駒ヒルクライム春ステージ、
ってことは夏もあるのか。ある、出たこと無
いけど。夏の山登りはシンドそうである。

季節の良い春ステージに2度目の参戦。昨シ
ーズン栗駒山は雪が多かったのか、雪解けの
季節の今頃、雪崩で一部道路が通行止め。秋
田側から集合場まで向かい3時間半。
 
日頃大音量で音楽が聴けない環境では、これ
が丁度良い距離間。5:30出発、高速無しで9
:00前到着も意外とあっという間。ナビも通
行止め対応で頼もしい。
20190518_110514.jpg

20190518_110457.jpg
昨年は全く雪無かったのに。雪崩も起きる
わな...。
何時ぞやの蔵王より雪の壁立派だったような。

集合場所でチームのIさん発見(車中泊とのこ
と)。その後にA君と合流し、今回はチーム
内参加は3名。(本当はもっといたのに、通
行止めで断念の方数名)
20190518_110424.jpg
Aくん、イケメンだねww

10:30スタート地点まで下山。(この大会は
ゴール場所が集合地点)快晴だが風が寒い。
途中のトンネルは凍えるばかり)ウインドブ
レーカが欲しいところ。そして11:30から
グループ単位でスタート。
20190518_110303.jpg

20190518_110332.jpg

前回はペース配分誤って少しセーブし過ぎた。
出だしの緩い登りと下りはハイペース。それ
がタタって、10分後の本格的な登り開始から
ばて始め、早々に心拍160を超える。暫くペ
ースダウンが続く。感覚的には心拍170的な
くらい、息も上がり久しぶりに結構ツラい。
練習なら即超スローにするくらい。

トンネルに入った。冷える、そのせいかペー
スが上がる。下山時のトンネルは暗くて怖か
ったが、登りでは視界も良好。更に後半もペ
ースを維持。

ケーデンス上げ気味で登ると、更にペースも
上がる。ペースダウン時に抜かれた方数名を
抜き返し、気持ち良くゴール。

ペースダウン状態でのゴールでは辛いだけで
倒れたかもしれない。途中からの回復は地味
な練習の成果か。

意外と結果も良かった。
昨年 1:07:47 ⇒ 今年 1:04:31
20190518_110215.jpg

20190518_201140.jpg
ゴール後の記録書出力が途中調子悪く、郵送
された、コメント入りでさすがです。
※実は当日ギリギリ記録書貰えたので、2枚
 持ってる。

ゴール後に出にご飯、豚汁、今回特別に甘酒
のご褒美(2杯頂く)。Iさんと歓談しながら
食べた。私は頂いた半額券で温泉へ。(Iさん
は月曜他県出張のため、速攻帰宅)超熱い湯
に浸かり疲労抜き。帰りの運転時の眠気予防
にランの大会でもそうだが、出来るだけ大会
終了時には湯に浸かる様にしている。
20190518_110247.jpg

表彰後の、恒例のチョコ撒きで、運よく和菓
子セットを頂く。昨年も子供のお菓子セット
を頂いた。
20190518_110114.jpg

そして同じ道を眠気も無く、約30分プラスで
無事帰宅。
20190518_110158.jpg

※本大会、参加費が異常に安い。その割に
 ゴール後の食事や温泉半額券、そして、
 チョコ撒きと内容盛り沢山。勿論、チッ
 プで自動計測。一般車両の規制は行わず
 ライダーのモラルに訴える。(クレーム
 が来たら最悪中止とのこと) 事務局の
 苦労は想像もできないが、頭が下がる思
 い。サポータが足りず、ライダーに同行
 した家族にお手伝いを頼むなど、ちょっ
 と笑えて微笑ましい。
 肥大化した大会も多い中、アットホーム
 で良い大会と感じるのは私だけでは無い
 はず。(年に2回開催ってのも凄い)


スポンサーサイト



2019.05.18 Sat l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top