Dシャリン経由で、サポートスタッフとして初めてツールド東北に参加し
ました。本大会は今年で2回め。前回は、毎年参加の秋田田沢湖
センチュリーライドで参加見合わせ。今回はセンチュリーライドを止
めてこちらに参加しました。

大会の中ではサポートスタッフは、走行管理ライダーと明記され、
参加者の方と一緒に走りながら、パンクやメカトラ等の対応を行い
ます。今回は今年新設された220kmを希望(その他に170kmや60km
等有り)、見事?希望が叶いました。

当日1:00に起床、2:00に自宅を出発、指定の駐車場に3:30に到着。
駐車場は案内が無く暗いため分かりにくく、事前のナビ設定が必須
です。(駐車している車が無く、周辺に似た駐車場が無いか念のため
確認したため、少し時間ロス) 自転車を準備して、集合場所の石巻
専修大学に到着したのが、受付開始の4:00ジャスト。
※集合場所の距離も4km程度あり、念のためスマホでナビしながら
 向かう

受付ではビブスと参加者の方がパンクしたときにお渡しする有料
チューブ(IRC製、箱入り)2本が配給。 受付を済ませると、S藤さん
S木さんとそのお兄さんと御逢いでき、そのままDシャリンブースへ。

持参したお握りを食べながら、しばし歓談して、スタートを待ちます。
5:20頃にスタート地点へ移動。スタッフは参加者の方とは別の専修
大学北口へ向かいます。

5:30の選手スタートに合わせて、参加者数人に一人の割合でサポ
ートは合流。 基本は、停車していたり修理していると思われる自
転車には声がけやお手伝い、ペース(25~30km)走行を維持し飛
ばさない。

220kmを走る方はさすがに装備は良く、終始チューブを渡すことは
ありませんでしたが声がけ忘れず。 それ以外では
 ・坂で脚を攣った方、自転車を支えてしばし休憩。その後別の
  サポートの方が自前の塩を渡して、何とか回復。
 ・エンドが折れた方がいて、自己解決不可能。レスキューは
  最初30分待ちとのことで、付き合うつもりでしたが、その
  後1時間待ちとなり、後ろ髪引かれる思いで、先にスタート
 ・砂利道で滑って転倒。怪我が無いことを確認。

往路は忠実にペースを守り走行。停止してサポートがいない
参加者には出来るだけ声がけ。 走る・止まるを結構繰り返す
ので負荷はそれなりにあった感じがします。

復路は比較的スピードを上げて走行。やはり参加者では無いの
で追い越しはかなり気を使います。また、直ぐ前にサポートがい
るとバランスが悪いので、追い越すか、スピードを緩めて間隔を
開けて走行。

気付くとゴールも近く、意外と200km以上走った感覚がありません。
気候が良く、エイドでの食べ物も豊富だったせいかもしれません。

選手と違う大学北口でゴール。ビブスを返却して、記念にスタッフ
Tシャツと配布されたチューブを頂き、サポート終了。

Dシャリンブースでしばし歓談、記念撮影後に解散。S朗さんと駐車
場が一緒のため、2人で駐車場へ。途中、帰路を間違え、参加者の
ゴール方向へ。せっかくなので、参加者と一緒にゴール。さすがに
大勢のお出迎えとゴール会場の華やかさに圧巻、ここで初めて大会
の表舞台を実感。


自分自身は特にマシントラブルやパンクも無く、身体も調子良く痛い
ところも無く、無事完走できて満足しました。来年も召集があれば
是非参加したいと思います。  終わり

【おまけ】
お食事タイム(思い出して書いてますので、場所と食事内容違うかも)

 女川復興まちづくり情報館前
  女川汁(秋刀魚すり身)写真無し

 雄勝硯伝統産業館前
  焼きホタテ 写真無し

東北3
 神割崎
  銀鮭のから揚げ

 伊里前福幸商店街
  雁月 写真無し

東北4
 階上小学校
  お握り弁当

東北7
 秋刀魚弁当(場所?)

東北9
 南三陸ホテル観洋前
  フカヒレスープ

東北10
 にっこりサンパーク
  茶碗蒸し

東北8
 蔵内漁港前
  わかめ饅頭

スポンサーサイト
2014.09.27 Sat l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/247-d19dab35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)