再び呼吸である。
呼吸のときは、顔を右側に向けて行う。そのとき左腕は水平にするのが理想だが、
そのまま呼吸に入ると沈むので、自然に左腕がカキに入ってしまって、水平を保
てない。ストリームラインが出来なくて、バランスが崩れ、スピードも落ちる
(と思っている)。 

ふと気付いた。顔を右側に向けるとき、右腕のカキが弱い。というか呼吸に集中
していて、右腕が疎かになっている。そこで、意識して右腕のカキを行う(しっか
りカク)と、浮力がついて左腕が少し水平でいる時間が出てくる(少しだけ)。
メリットはもう一つ、カキがしっかりした分、スピードが増す(ような気がする)。
4カキのうち、1カキが改善しても、たかが知れてますが。

右腕のカキが悪いのは、癖になっていてなかなか修正できませんが、練習続けて
いくしかありませんね。 (2016/01/17 スイム練にて)

スポンサーサイト
2016.01.18 Mon l スイミング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/323-94f5924a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)