反省記 その1の続き

スタートから5㎞まで6'10/km。最初から速い!これが大きなミス。
その後40㎞まで、6分前半~5分前半で走っていてこれはオーバー
スピード。フルマラソンペースである。これでは後半持たない。
(7分ペースでスタートして、50㎞まで6分半が理想) その後、
脚の痛みが発生し、一気に9分台のペース。非常に分かりやすい。

更に大きなミスは、エイドの休憩時間で殆ど休んでいない。
これってハーフやフルのエイドと同じ。本当は2~3分は休みたい
ところ。

何故気づかなかったのか?
スタート時点で、(並んだ場所も前すぎて悪いが)早いペースから
そのまま、そのペースで流れてしまった。 更に、前回からの記録
更新を意識し過ぎてしまった(油断してしまった)のかも。

※前回の記録を確認すると、このペースより少し遅い程度。休憩
 時間をどの程度取ったかは分からないが、記録更新を狙うとする
 と、本当にこのペースで走らないといけないのかもしれない。

70kmくらいまでは上り以外、RunとJogの繰り返し。時折止まって
ストレッチをするが、段々Runの割合が増し、とうとう70㎞以上は
jogさえできなくなる。脚のどこか一か所が痛い訳ではなく、全体
が痛くて走り出せない。固まっている感覚である。

残り30㎞、歩くには途方もない距離である。それでも制限がなけれ
ばやる気も起きるが、時間もない。時間ぎりぎりまで進む覚悟で
歩き続ける。

この途方に暮れる感、ウルトラでないと味わえない。

スポンサーサイト
2016.06.18 Sat l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/348-27dc42fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)