飽きずに週2ペースのプール通い。

よく言われるのは競泳用の1ストローク6ビート。遠泳用に疲れないは1ストローク2ビート。
子供の頃からの癖でこれまでは1ストローク6ビート(だと思う)。これまで腕の方ばかり
気にしてなかなか改善できなかったキック。ようやくキックにも気に掛けることができる
ようになってきた。とういことで、出来るようになったのは1ストローク3ビート。もう少
しである。

キックの推進力は弱いから練習はどうしても腕中心になるが、キックとストロークのタイミ
ングが合うとスピードが増して呼吸のタイミングが取りやすいと感じた。またこれまでだと
キックの可動範囲が小さく足首も使っていた様で、よく足首が攣っていた。 膝を曲げない
で太ももから大きめに動かすとスピードが増し攣ることもなくなった。

理想の1ストローク2ビート。距離を稼ぐなら避けて通れない。是非マスターできる様にした
い。


スポンサーサイト
2016.10.07 Fri l スイミング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/380-8f8bf8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)