前編(スタート~ゴール編)

恒例参加行事の参戦報告である。今年は前日
の受付から郵送によるゼッケン送付に代わり
当日移動となって、随分楽になった。
※それが結果的に仇になったが...。

当日は4:00起き。この時期は既に薄明るい。
準備をして、4:50に自宅を出発。ナビ通りに
行くと仙台市内を走ることになっており、取
りあえず従う。早朝のため市内は空いており
6:00頃に駐車場に到着。

6:50迄に荷物を預けないといけないので、朝
食のおにぎりをかじりながら、準備開始。
6:30に駐車場を出発して会場へ向かう。途中
A本さんと遭遇、一緒に会場へ。 バスに荷
物を預けて、久し振りにストロングチームの
メンバーと再会。若干試走と話しをしながら
スタートを待つ。
20170527_蔵王8
後方のバスに山頂で受け取る荷物を預ける

20170527_蔵王6
ストロングメンバーの方たちと

20170527_蔵王7
緑のキャラはざおうさま

20170527_蔵王5
スタート前

年齢順なので、5番めのEグループでスタート。
試走したとはいえ効果はかなり低く、スター
トから既に心拍は160。先は長いのでゆっくり
登る。今回、アンカーで参戦。大会で使用す
るのは初めて。ヒルクライムは、シッティン
グとダンシングを繰り返すため、意外とシフ
トチェンジを行う。Di2の確実な変速で、何ら
不安は無かった。

30分くらいすると慣れてきたのか楽になる。
心拍も150台迄下がる。腰が痛くなる前にダン
シング、ダンシングでスピードを上げること
はしないので、その時だけはかなり楽、いわ
ゆる「休むダンシング」である。

緩く登っているので、周りをきょろきょろ。
アンカーの同じグレードに乗っている方を発
見すれば声をかけ、頑張っている女子を見か
ければ声をかけ、お仲間のチームジャージを
見かければ声をかけ、時にはお互い笑ったり
していると、力が抜けるのか、意外と楽にな
ってくる、不思議である。

途中、給水は2回。2回めは首から背中にかけ
てクールダウン。今回は飲料用にポカリを入
れたボトル一本だけ持参。後から気づいたが
クールダウン用に水を入れたボトルも持って
行くべきだった。

それでもゴール2km手前から、いよいよ息が
荒くなる。心拍も160台後半へ。ハイライン
に入るとMaxである。知らずによだれも出て
きて、アニメである。それでもペースはあ
まり落ちず。ペースは落ちないけど、周り
をきょろきょろする余裕は無い。知り合い
の方と遭遇しても、全く分からないくらい。
ゴール際に抜かれると凄く悔しいので、既に
必死である。抜くことは無かったが、抜かれ
ることもなく、無事気持ち良くゴール。

後半へ続く




スポンサーサイト
2017.05.27 Sat l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/450-a3ff84a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)