これまで参加した大会は、参戦記としてまと
めてきていたが、その後と称した記事は書い
たことが無い。事務局の不手際により記録が
出ないことがきっかけだが、ついでに関連す
る記事にも触れてみたい。

個人への記録郵送はまだ無い(やる予定があ
るかもわからない)が、ネットでは参考記録と
して公開を開始した。
Screenshot_2017-06-01-21-19-59.png

それによると ⇒ 1:32:58 S無/F目視

これって、スタート時の記録無し、ゴール時
は目視で確認ということになる。こんなこと
で記録が出せるのだろうか? スタート時間
は決まっているけれど、これだと自分のスタ
ート地点での記録は取れていない。ゴール
の目視だって危ういものである。

ただ結果だけ見ると、自分のGPSでの記録は
1:33だから、ゴール後にストップが遅れたこと
を考えると結果的には妥当な数字ではある。

優勝を狙える人だけが記録を気にしているわ
けではないはず。トップとの差を気にする人
仲間との記録差を気にする人、昨年の自分
の記録差を気にする人、とそれぞれのはず。
大会なのだから、やはり記録は重要である。

そんなもやもやした時期に、サンスポでこん
な記事を読んだ。

 ⇒ サンスポ記事

レンタルママチャリで乗鞍を登るというもの。
書かれた方はBS1のチャリダー猪野 学さん
である。(番組は見たことが無いですが...)
これまでのロードの軽量化=好タイムの対極
に位置するママチャリでのヒルクライムであ
る。ここでは、必死にのろのろ登る中で湧き
上がってきた、ママチャリならではの楽しさ
(重い、ギア無し)が伝わってくる。これを
読むと、大げさに言えば、別に記録なんてど
うでもいいじゃない、ゴールできればってく
らいの思いになる。(でも、やはり8000円も
払っているので、やはり記録は欲しいので
ある)

記録が無いだけで、これだけ引っ張れるのか。
結果的にお得な大会だったのか...。


スポンサーサイト
2017.06.01 Thu l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/453-6c992358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)