少し気温は低いが、晴天である。昨年は曇り
で山頂は雪混じりだったそうなので、今年は
運が良い。

朝食とトイレを済ませ、7:40から受付を行い
参加賞兼レギュレーションの5kgの米を受け取
る。米と食料。飲料をリュックに詰め、ゼッ
ケンを付けていよいよスタートの準備を行う。
DSC_1670_resize_20180331_165336.jpg
お米を担いで、ツールド東北特製ベストと共に

DSC_1671_resize_20180331_165336.jpg
スタート前 1

DSC_1673_resize_20180331_165335.jpg
スタート前 2

スタート10分ぐらい前にスタート位置へ。様
子見で、比較的後方で。そしていきなりスタ
ートのピストル音。普通、スタート前は主催
側で盛り上げるのが常だが、何も無い。緊張
も無く、ゆっくりスタート。

参加者は男子250名の女子60名。普通のマラ
ソン大会より女子率高い気がする。既に参加
締め切り人数200名を軽く上回っている。

スタートから登山道入り口まで約5㎞。先のペ
ース配分が分からないので5分後半/㎞で走る。
入り口に唯一のトイレ。大会中、一般登山者
制限はしていないが、仙人ヶ岳頂上迄、殆ど
見かけない。たまに降りてくる方がいると、
丁寧に避けてくれる、ありがたい。

初めて走るルートなので、どこがどこが分か
らないが、往路と復路が分かれる熊の分岐前
のクサリ場には参った。単独ではビビる。迂
回があり、5人並んでいればそちらに回った
ほうが良いとアドバイス頂いたが、待ち時間
は休み時間にちょうど良い。 幸い係の方が
いて、少し安心。クサリに手をかけて登り始
める一歩の足場を見失いバランスを崩すも、
後ろの女性から声をかけて頂き、気を取り直
して登り始める。いったん登り始めれば何と
かなりそうである。
DSC_1677_resize_20180331_165333.jpg
恐怖のクサリ場

熊の分岐と折り返しの仙人ヶ岳頂上間は、復
路の方と同じルートなので、何人かとすれ違
う。山のルールは下り優先である。あと少し
ですと声をかけられるが、結構長い。



スポンサーサイト
2018.03.31 Sat l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/549-ef153bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)