FC2ブログ
およそ5年振りの大会である。先に結論とサ
マリーを書いてしまうと、こうなる。

     タイム  総合順位 クラス別順位    
2011年 1:22:14 529/ 970 172/305
距離  標高差
21km 1100m 

    タイム  総合順位 クラス別順位
2013年 1:22:43 358/1034 125/323
距離  標高差
26km 1100m

    タイム  総合順位 クラス別順位
2018年 1:39:41 361/770 83/224
距離  標高差
27km 1100m

練習が加齢を追い越せなかった。17分も劣化。
準備不足も追い打ち。

反省
・最大のミスは首まである、黒いコンプレッシ
 ョン上着。記録的な猛暑でこのいでたちは
 異常。 夏物か腕カバーの方が良い。
・ボトルが1本では足りない。身体にかける
 用が欲しかった。特に今年は。

 
2013年の大会ブログを見たら、前日19:00就
寝、23:00起床。全く同じくやってみた。
準備をして23:50に出発。会場の駐車場まで
高速無しでトイレ以外ノンストップ。14:50
に到着。 駐車場はいくつかあるが、受付に近
いエリア。夜中だとく若干空きがある。

直ぐ仮眠体制。暑いので寝袋不要。持参した
ヨガマットが快適。5:00起床し、持参した
おにぎりとみそ汁で朝食。

大会はどこも同じであるが、トイレ確保が難し
い。建物常設はいつも混む。今回は夜間兼用の
仮設を発見、並んでいない、穴場である。

受付を済ませ準備後にアップ。心拍上げるなら
自転車ではなくて、ランの方が良いかも。
DSC_0002_resize_20180805_154846.jpg
スタート前

DSC_0006_resize_20180805_154845.jpg
SさんとIさん、お手柔らかに

DSC_0007_resize_20180805_154844.jpg
上半身は暑そうだ...

グループEで出走。先は長いのでゆっくりスタ
ート、数分後にスタートしたグループの先頭集
団にあっという間に抜かれる。あのスピードで
最後迄行けるのだろうか、既に気持ちが追い付
かない。

喉が異常に乾くがボトル1本。身体にもかけた
いが、節約。これがいけなかった。ゆっくり進
むだけでも暑くて辛い。気分も危うい。最初の
エイド迄出来るだけ日陰を選んで進む。

ほぼ半分の13㎞地点で第一エイド。何とか持っ
た。普段なら止まらないが、しっかり止まって
しっかり給水(2杯)。更にボトルに補給。5
分程休んだだろうか。身体がラクになり、補給
したので気分的にも余裕ができた。

次のエイドが23㎞地点。身体にボトルで冷却。
かなり効く。それでもあまりペースは上げず
そのまま第二エイド。ここでもしっかり止ま
って補給。

残り3㎞は少しペースを上げる。体調・気分は
いい。残り1㎞はかなり心拍も上げて(最大173
)ラストスパート。このペースが続けばと悔や
まれるが、無事完走出来たので、エイドでしっ
かり休息したメリットはあった。記録は惨敗で
あったが、途中の立て直しプロセスは納得でき
た。
DSC_0009_resize_20180805_154843.jpg
冷たいおしぼりとスイカ食べ放題! 何個食べた?

DSC_0011_resize_20180805_154842.jpg
強風、雨での下山。とろあえずウインドブレーカー。

無事下山し、昼食は豚汁とお握り。お米やTシ
ャツを頂き、更にこれだけのお昼。この大会は
サービスが良い。しかも表彰式の広い会場はエ
アコンが効いて涼しく、最高のクールダウンで
ある。そこでお昼を頂く。
DSC_0014_resize_20180805_154842.jpg
結構大盛。おにぎりは鮭と昆布?だったか

関係無い表彰式と当たらない抽選会で身体を休
めて、帰路へ。途中の道の駅でお土産とトイレ
するも、それ以外はノンストップで18:00には
帰宅。

帰宅迄がレースである。

※決して多くは無いが、それなりに大会に参加し
  ているが、ここの大会運営はスムーズ、ボラ
  ンティアの方々や学生さんの対応が手厚い。
  良い大会なのでまた出たいし、リピーターも
  多いのだろう。



スポンサーサイト
2018.08.05 Sun l ロード大会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/580-a024cb08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)