9月2日に秋田センチュリーライド・行ってクールド田沢湖2012に
参加して来ました。

20:40 就寝(お昼寝1:30付き)
0:50 起床
1:40 自宅出発
4:50 集合場所到着(休憩:2回)
6:00 受付
朝のトイレはプロトンへ(綺麗)
秋田1
快晴、最高35℃とのこと。
7:00 スタート(ゼッケンはNo5で、偶然か去年と同じ)
    スタートしばらくはアップを兼ねてゆっくり。(10人づつスタート、最後尾へ)
    ※去年はスタートからスピード上げたせいか、最後迄気持ち良いペース保てず
    25kmで最初の休憩ポイント トマト、きゅうり、水を補給。
    スルーする人もあり。
    そこから、殆どソロ。
    少し風が強いが、下半を入れてかせぐ。少し腰が痛くなるが、ハンドルの持ち方
    をいろいろ変えて、姿勢を微妙に調整。
秋田2
秋田3


    100km折り返しCP(角館)をスルーして、田沢湖へ。大会でもやっているのか、
    ランナーが多い。ランナーへ声をかけながら160kmの折り返しCP到着。濡れ
    タオルを頂き、水とスイカを補給。メインのロングボトルの水が無くなって、
    補給して頂く。調子が良いので早めにスタート。

秋田4
たつこ姫像の前で居合わせた方に写真を撮って頂く。

    帰りは比較的下り基調。
    暑いが調子は良い。左の膝に少し違和感。サブボトルで膝や太もも、首や腕
    にかけながら100km折り返しCPへ。濡れタオル、バナナ、饅頭(2つ)、水
    を補給。サブボトルにも補給。
秋田5
秋田6

    スタートから初めてのトイレ。角館でソフトクレーム食べたかったが売店わか
    らず諦め。ボトルで水をかけるとバテないで同じペースで進める。お腹は空い
    ていなかったが、何度か固形食を補給。最後の休憩ポイントへ。きゅうり、
    トマト、スイカ、水を補給。ボトルへ水を補給してゴールを目指す。
秋田7

    ほぼペースを崩さず空港前の登りへ。去年は足が攣ったので
    ゆっくり登り始める。意外と調子良く、フロントはアウターのまま。結局フロ
    ントはアウター縛り。ゆっくり登ったつもりだったが、足がよく回る。調子良く
    登りきり、ゴール前の登りもダンシングしながらゴール(13:16)。

結果は6時間16分
最後は本物の若い秋田美人と記念写真。(去年はご年配の秋田美人でした)
参加賞の秋田こまちとお握り、豚汁を頂き、抽選はアルミホイールでした。
秋田8

今年もプロトンさんのシャワーを貸して頂き、さっぱりと帰路へ。
お土産と仮眠で2度サービスエリアへ。仮眠は30分程度。
帰宅は7:00で夕食に間に合う。夕食は何故か息子の作ったカレー。
風呂に入って、ビールを飲んで10:30にはさっさと寝ましたとさ。
●コメント
・ボトルは2本持つべし。水をかけるクールダウンはかなり有効。
・スタートから1時間くらいはペースを抑える。後半のモチが違う。後半の5時間を
 考えたら絶対するべき。
・高速往路では時間が無く仮眠はできない。前日の昼寝は有効。
●参考
2010年大会 160km 106人 タイム6時間23分
2011年大会 160km 137人 100km 42人 タイム ?
2012年大会 160km 193人 100km 52人 タイム6時間16分 
スポンサーサイト
2012.09.07 Fri l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://honolulu371.blog.fc2.com/tb.php/89-8ae41b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)